2018年の抱負


正月も終わる頃となりましたが、昨年はたくさんの種まきと、少しづつ芽ができた実感がありました。

全国で笛と津軽に興味を持ってくれている人が増えてきていて、

北は北海道

南は四国まで

講座を開催するに至りました。

そして

笛かっこいい〜〜〜!(^O^)

って笛の魅力に気がつく人が増えてきました。

それと同時に全日本横笛コンクールなどの開催で全国の魅力を発信する奏者に注目する仕組みを作れてきた気がしています。

また、個人的にはNYツアーやカーネギー公演決定、

シンガポールでの笛講座、

日本を代表する太鼓ユニット 太鼓JAZZ ZI―PANG の公演に混ぜてもらったり

津軽をPRする事業へ参画させてもらったり、

日経新聞の裏一面の全国欄に取り上げてもらえたり、

そして何より同じ想いで取り組んでくれる仲間たちの存在が全国に広がり素晴らしい一年でした。

反省点や、思うように進んでいない部分も正直ありますがそれも楽しみつつ乗り越えていこうと思います(^○^)

今年の抱負はやりたいことがありすぎて(笑)大変ですが、半分は努力目標として書きます。

テーマ は2つ

壱)郷土芸能・邦楽で地域づくりの成功事例を作り、全国へノウハウを広げる準備をする

弐)雇用を作る準備をする。本当に頑張っている方の売り上げを伸ばす協力をする

そのために

人口の多いところに明確なアンテナをたくさん作る

1)首都圏の津軽居酒屋などの「つがる発信施設」の皆さんにねぷた囃子を指導して、何かあった時にスッタフが演奏できる環境を作りたい。

2)コアな津軽の祭りの発信をネットではなく人対人で発信できるできるような環境づくりと相互的な情報発信ができる環境づくり

3)全国の郷土芸能を中心とした伝承者たちとのつながり作り

最終的には、創作系の和太鼓団体などがどこかの郷土芸能に取り組みたい時に地元の方が指導してくれる環境を作れたら最高だと思っています。

あくまで、覚えたのをひけらかして演奏するのではなくて、教えてくれた地域との関係を大切にする方々と地域をつなぎたい。 津軽で言えば、地域の方と青森県以外の太鼓団体の方々の交流が始まり、年末にはその団体にりんごが届くような関係性を作ることができたら、どれだけ素晴らしいかと思うのです。

青森のりんごは旨い!!

と団体の皆さんはどんどん口コミPRしてくれるし、農家と消費者をつなぐ橋渡しをすることもできるのではと思っています。

TVやニュースを見て「津軽」というキーワードが出てきたらとりあえず見てみようと思う人、そのニュースを知人友人に自然にSNSなどで教えてくれる人が出てきてくれたら、発信する側は発信し甲斐があると思うんだ。

この流れができたらどんどんやってきたことをシェアしていって、

地方に人が来るように、

思いのこもったものを作った人の顔を思い浮かべて感謝して使ったり、消費できるように、

なったら少なくともそのコミュニティーで生きている人は幸せが多くなると思うのです。

そして、地方に定住する人が増える。都市部との交流で、保守的で前進しない文化が根付いた地方には、あらたな風が吹き始め、風通しが良くなりはじめる。

若者たちがビジネスチャンスを地方で作る。

最終的には

地域の財産がどれだけ大切かを知った若者たちは郷土芸能をはじめ地域の財産を伝承、発展させていくように必ずなる。

結果的に

郷土芸能が伝承されていく(^○^)

ただ教えても、その明確なメリットがないと最終的には続かない。

だからこそ、郷土芸能や老舗など地元の財産と金銭的な地域の潤いをうまくミックスさせなければお互い途絶えてしまう。

金銭的なものが行き過ぎると財産の中身を失い、一過性の産物として見られ、結果的に地域の財産は空っぽになり

守ろうとしすぎると敷居が高くなって興味を持つ人が減り途絶えてしまう

決して簡単な問題ではないけど、郷土芸能に生かされてきた僕にとって人生かけて取り組む価値のある取り組みと思っています。

これからは本格的に一緒に進むジャンルの違うみなさんと手を取り合って進む時期。

一緒にやりましょう♩という方、

私をチームに加えると地域に一石投じられるという青森県とそして全国の皆様!!

どうか僕と絡んでください。

ほんと私、本気です!!!

よろしくお願いしますm(_ _)m

佐藤 ぶん太、