【県予選を終えて】コンクールに向けてアドバイス 其の3


このアドバイスはこれからコンクールに出る人、ステージで吹く人全てに共通する事などでぜひお読みください。1、演奏中に指は「置きにいかない」2、呂音のピッチ・古典調でもピッチ3、基本練習が一番の土台作り

4、何を伝えたいのか?

3、基本練習が一番の土台作り

近年笛の技術が向上したらしく色々な技を見せる方増えてきました。素晴らしいけど、それがなんのためなのかを考えて欲しい。

私が思う一番大事なのは音色の説得力。

意味がよくわからない人も多いかもなので、歌にたとえてみると、

「カラオケに行く仲間にヨーデル歌えて、ホーミー歌える人いるんだけど、サビで声が震えて聴いてて不安になるんだよね」

みたいな。

求めて欲しいのは

「あの人の歌って声が過ぎ魅力的でうっとりしちゃう!それだけじゃなくてヨーデルとかホーミー歌うんだって!すごい広いよね!」

という評価。

上手い演奏は感心される

イイ演奏は感動される

僕は感動を与える奏者を応援したい。