気になるマイク AMATERAS8087 でレコーディングしてみた。


最近SNS上で宣伝されているのを見て興味を持った「カフェオレ―ベル」が販売するコンデンサーマイクAMATERAS8087

コーヒー好きの私にとって「カフェオレ―ベル」ってネーミングにグッときて気になったのもあるけど、とても興味深いマイクだった。

今まで使っていたコンデンサマイクは、音が薄いというか、EQで笛のおいしいところを持ち上げて何とか誤魔化してましたが、出音の大きさでは有名な私(笑)が「自分の演奏が迫力ないのでは?」って思うような音質になり、CDレコーディング時以外は結局SM57を使っていた。(レコーディングの時はやはりノイマン先生に登場してもらっておりました)

また、著名なラージダイアフラムの四角いマイクは、いくつかの現場で準備してもらいましたが、僕の横笛だと高音が痛い印象があり結局使わなかったり。。。

レコーディングのたび改めてノイマンU87の実力を感じるのでした。

欲しいけど、デモを作るために自分でノイマンU87を購入するのは違う!と思い、いわゆる「ちょうどいいマイク」を探していました。

で、たどり着いたのがこのAMATERAS8087

アコギと歌をこれ一本で録ってるデモをYOUTUBEでみて即買い。

4万円以内で買える魅力。

買っちゃいました。BASE内のカフェオレーベルショップ(ネットショップ)で販売してます。

音の印象は今までのマイクと比較にならない音の厚み、ほぼEQをいじらなくてもおいしいところを拾ってくれる印象でした。(今までのが2万しないくらいのコンデンサーマイクだったら当然かぁ)

「空気感がある」って商品案内にあったけど、ほんとだった。

ノイマンが手元にないので比較できませんが、4万円前後でこんな音でとってくれるならホントいい買い物をしたと思ったこのマイク、AMATERAS8087(通称ハナちゃんらしい)

今後横笛、篠笛などの録音で重宝するマイクになりそう。

来春CDの次回作の時はノイマンと比べてみよう。

そしたらまた報告しますー

ハナちゃんがどんな音で録ってくれたのか下の動画で聴いてくださいな