収録曲紹介


収録曲

曲名の見方No曲 名/原曲作曲者・パート作成・編曲等演奏者使用楽器曲の紹介となっております

曲紹介を読む

1令和の調べ/作曲:佐藤ぶん太、

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:大沢しのぶ
四本調子ドレミ調/長胴太鼓・締太鼓・スレイベル

令和を祝い厳かな雰囲気を持つ曲を作りました。それはあたかも巫女が舞う様な。

2跳兎囃子/作曲:岡村竜司・佐藤ぶん太、

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:岡村竜司
七本調子ドレミ調/長胴太鼓(横打ち)・締太鼓

夜空を見上げりゃ、月夜に跳ねる兎の宴。 元々太鼓のみの曲でしたが笛が入る事により、兎の様に跳ね、踊りたくなる様な曲になりました。

 

3毒蛙/作曲:佐藤ぶん太、・浅野聡太

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:浅野聡太
七本調子ドレミ調/太鼓セット

8分の7拍子という難解なリズムを中心に作った曲。毒蛙の曲名は、笛のデザインから。

4華囃子/作曲:佐藤ぶん太、・津軽笛の会

笛・太鼓・打楽器演奏:佐藤ぶん太、・津軽笛の会・佐藤一門相馬地区メンバー
八本調子ドレミ調/担ぎ桶太鼓・手摺り鉦

ぶん太、が20代の時に作った曲を津軽笛の会メンバーが囃子風に太鼓と鉦を加えた曲。華のあるノリノリの演奏でみんなを盛り上げたい。

5朝焼けの神舞/作曲:佐藤ぶん太、(笛独奏)

笛演奏:佐藤ぶん太、
津軽 登山笛7寸

2019年宮崎の青島から見える日の出とともにメロディーが浮かびできた曲。 今日も一日がはじまる。我々は日と共に生き、生かされている。

6廻楽~waraku/作曲:高森佐千代・佐藤ぶん太、

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:高森佐千代
八本調子ドレミ調/組太鼓

大人も子供も、みんなで廻って声かけて。 はじめましても、ベテランさんも、叩けばみんな仲間になる。太鼓1つあれば、どこでだって、そこが和太鼓コミュニティ。 (太鼓一台 参加人数無限)

7夏霞(なつがすみ)/作曲:大沢しのぶ・佐藤ぶん太、

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:大沢しのぶ
津軽 下山笛/大太鼓

野原に広がる霞、辺りが真っ白になっていたのがいつしか消え、夏の日差しが照る様子を表した曲。

8常陸かんます/作曲:寺門勝

笛演奏:寺門勝 太鼓・打楽器演奏:寺門勝
四本古典調/組太鼓

常陸の国茨城の地にひろがる平らな土地をかきまぜるように演奏したい。 関東のお囃子の空気をふんだんに織り交ぜた曲。

9豊穣ばやし 種子/作曲:佐藤ぶん太、・寺門勝

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:寺門勝
津軽 登山笛/組太鼓

東北の芸能エッセンスをたっぷり込めた。舞と共に大地を踏みしめてほしい。 元々はトマト(唐柿)を讃える曲として作られたが、農産物がすくすく育っていってほしいとの願いで再編集した

10豊穣ばやし 育み/作曲:佐藤ぶん太、・寺門勝

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:寺門勝
津軽 下山笛/組太鼓

9と同じ

 

11豊穣ばやし 新嘗舞/作曲:佐藤ぶん太、・大沢しのぶ

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:大沢しのぶ
六本調子ドレミ調/太鼓セット

収穫の秋。 豊作に人々も神々も喜びに舞う。

12NEO数え唄/作曲:佐藤ぶん太、

笛演奏:佐藤ぶん太、
六本調子ドレミ調

実は演奏その日に決める数え唄。お題を決めてひとつづつ歌詞を考える。 それを唄う。それでもう唄自体が祀りになる

13朱龍の泉/作曲:佐藤ぶん太、・高森佐千代

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:高森佐千代
七本調子ドレミ調/組太鼓

朱龍は破壊と創造の龍神。 伝統を大事にしつつも固着せず、新たな時代を作り出す。 そんな思がこの曲には込められている。

14冬囃子 雪灯り/作曲:佐藤ぶん太、・津軽笛の会

笛・太鼓・打楽器演奏:佐藤ぶん太、・津軽笛の会・佐藤一門相馬地区メンバー
八本調子ドレミ調/担ぎ桶太鼓・手摺り鉦

しんしんと降り積もる北国の雪。 それを照らす街灯はなぜか温かい。 雪と向き合う人々へぬくもりをと思い作った曲

15RETSU/作曲:佐藤ぶん太、・浅野聡太

笛演奏:佐藤ぶん太、 太鼓・打楽器演奏:浅野聡太
六本調子ドレミ調/担ぎ桶太鼓

現代人が囃子を作ったら?というコンセプトのもと作った曲。 笛も太鼓もどんどん熱くなって聴衆を囃してほしい。

16にぎわいばやし/作曲:佐藤ぶん太、・各パートの皆さん

笛演奏:佐藤ぶん太、・津軽三味線:小山貢隼・太鼓メンバー全員
8本調子ドレミ調/組太鼓/津軽三味線

心躍る瞬間。それは魂が心から喜んでいる時。そんな人生を歩みたい。 生きるって祭りの連続!人生の賑わいをかみしめることができる一生を悔いなく行きたい。

 

CD発売ページTOPへ